骨盤のゆがみ 原因

骨盤のゆがみの原因となるもの

骨盤のゆがみの原因となるものは細かく挙げると様々なことが言われていますが、その中で大きく2つに分けると、日頃の生活習慣、そして産後にわけられるでしょうか。

産後に関しては出産の激務を想像していただければ、簡単に骨盤にも影響を与えてしまうというのは分かると思います。

このサイトを見てくれている方も、やはり妊娠というキーワードでいらっしゃる方も多いので、やはり産後や妊娠中には骨盤のゆがみが気になってくるということでしょう。

そして生活習慣の方ですが、これは日頃座っている姿勢や立っているときの姿勢、そして寝ているときの姿勢が積もり積もって骨盤のゆがみを生んでしまうことがあります。

座っているときに偏ってずっと足を組んでいたり、いわゆるアヒル座りをしたり。

立っているときに休めの状態で片足だけに偏って重心を置いてしまったり。

そして寝ているときに片方だけに偏って横向きに寝てしまったりなどが、少ないながらも日々骨盤のゆがみにつながっていきます。

こうした原因を見ると、「あ。。私やっちゃってるかも。。」と思われる方もきっと多いでしょう。

こういった習慣があるからと言って必ずしも骨盤のゆがみが生じるわけではありませんが、この先後悔しないためにもこういった日頃の姿勢には気をつけてバランスを心がけるようにしてみましょう。