骨盤のゆがみ 腰痛

骨盤のゆがみと腰痛の関係

腰痛は本当に多くの方が悩んでいる症状の一つではありますが、そういった方々のレントゲンを見るとやはり骨盤がゆがんでいる傾向がある人が多いということも一つの注目するべき事実みたいです。

腰痛と一言で言っても、ヘルニアやぎっくり腰、もしくは慢性的な神経痛みたいなものなど様々な原因があるのですが、これらの大元として骨盤のゆがみが原因の一つとなっていることは決して否定はできないでしょう。

もちろん骨盤のゆがみだけでなく、背骨やその他の体の器官が腰痛の原因となることもありますので、骨盤のゆがみを矯正すれば全てが解決されるというわけではありませんが、腰痛などの慢性的な痛みに苦しまされないためにも日頃から注意したところであるということには間違いないと思います。

もしもうすでに腰痛になってしまっているという場合はその原因が何なのかをまずははっきりと知る必要があります。

骨盤のゆがみなどは自分である程度チェックすることはできるのですが、レントゲンなどを撮ってもらえばはっきりとそれは分かりますので、痛みが少ない初期のうちに必ず専門医の方の診察を受けて日頃からケアをしてあげるようにしましょう。